TOBを経て上場廃止になる株ってどんな手続き経て現金化されるんだろうってのを経験してみようと、8423アクリーティブを買って上場廃止まで持ってみました。なぜアクリーティブだったかってのは単純に拘束資金が少なくて済むからです。

  • TOB期間:2018年9月25日‐11月6日、買付価格:415円、買付上限下限ともになし
平穏にTOBが行われ、
理由
本日開催されたアクリーティブ株式会社(以下「同社」という。)の株主総会において、芙蓉総合リース株式会社(コード:8424、市場区分:市場第一部)ほか一社を除く同社株主の所有する同社株式の数が1株に満たない端数となる割合で行う株式の併合(効力発生日は2019年2月6日)に係る議案が承認されました。

経験のために取引最終日である1月31日(2月5日受渡)に100株購入してみました。415円をw(楽天証券、取引手数料54円)

2019年2月1日:上場廃止
2019年2月6日:特定口座から一般口座に移される
2019年2月6日:株式併合
2019年3月9日:「端数株式処分代金の振込お手続きに関するご案内(3月8日付)」
今後のお手続きといたしましては、本株式併合の結果生じる1株に満たない端数について、その合計数(その合計数に1株に満たない端数がある場合は、当該端数は切り捨てられます。)に相当する数の株式を裁判所の許可を得たうえで売却し、その端数に応じて、その売却により得られた代金を株主の皆様に交付します。この場合の売却代金は、2019年2月5日(火)の最終の株主名簿に記載又は記録された株主の皆様が所有する当社普通株式1株につき、415円を乗じた金額に相当する金銭を2019年5月上旬にお支払いする予定でございます。
まだ予定という文字が取れませんね。1月31日から拘束されて5月上旬まで。中々長いですね。もちろんある程度分かっててやりましたが。
売却代金は証券会社に振り込まれるのかなって思ってましたが、
この端数株式処分代金のお支払いにつきましては、ゆうちょ銀行または郵便局にてお受け取りいただける「端数株式処分代金領収証」をお送りしてお支払いすることを予定しておりますが、事前にお申しいただければ「銀行口座振込」によりお受け取りすることができます。
あっ、配当ちっくな感じか。わざわざ郵便局に行くの面倒だし、銀行口座振込にしてもらうかと思いましたが、
振込口座の指定に際しては、ご本人様の確認書類のご提出が必要となりますので、併せて返信用封筒に同封いただきますようお願い申し上げます。
えっ、本人確認書類送らないといけないの...。それならもう散歩がてら郵便局に行くよってなりました。

5月9日追記:
「端数株式処分代金のお支払いのご案内」が届きました。「端数株式処分代金領収証」をゆうちょ銀行に持って行ってフィニッシュです。期限は6月10日まで。