お勉強

ETF分配金捻出売り

※9日にほぼほぼ書き終えて10日の場中にアップする予定でしたが、ゲームやら飲み会やらで忙しくて、季節外れの記事になってしまいましたが、データ見てて面白かったのと備忘録も兼ねてアップしました。

近年、騒がれるようになってきたETFの分配金捻出売り。

普段読ませてもらってる九条さんの2017年の該当記事(分配原資捻出のため3,000億円売却?|九条清隆 相場観と金融工学)を覗いてみると、追記部分に
配当権利発生
配当未収金計上
未収金分を先物ヘッジ
配当金受領未収金回収+先物ヘッジハズし
分配金支払い
この引用の上3つの行動が特に3末、9末に騒がれる「配当の再投資」ってやつです。現物が配当金分見かけの資産が減るので、指数との連動性を保つために先物を運用資産に組み入れるやつ。
で、下2つが「分配金の捻出売り」の行動。ただ九条さんはETFの商品性を誤解しているため、先物のヘッジ外しのみで現物は売られないと(少なくともこの時点では)思っているようです。そう思ってた時代が私にもありました。しかし実際にデータを見ると現物もしっかり売られてました。それについては後述します。

とりあえず、先物の組み入れ具合がポイントポイントでどうなってるかを見てみましょう。日興アセットマネジメントはETFの詳細な日次データを公開してくれていて例えば、1330 - 上場インデックスファンド225 (愛称:上場225)の日次データ(そんな愛称あったのか)が取得できます。このデータを用いて2018年の先物組入率の推移をグラフ化してみました。1330は先物と現物株の組み入れのみなので株式組入率はこの反対の動きをします。
1330

3末(3月28日)、9末(9月26日)に急上昇してます。これがいわゆる配当の再投資って言われるやつです。
で、7月頭(7月6日)の急落。これが分配金の捻出売り(実際には不要になった先物ポジションを外してる。)
その他、6月27日、8月29日、12月26日にも軽い上昇が見られます。これも配当再投資と見ていいでしょうか。逆に2月にそれが見られないのはなぜでしょうか。10月30日もちょっと上げてますがこれも???
5月末、11月末からの下げは各企業から配当金を受け取り、それを再投資(現物買い先物売り)している影響ですかね?12月の下げ方はまあまあえぐいですね。分配が近い6月と違って、12月は配当金に応じて先物売りの現物買いをするからでしょうか?とりあえず、先物でずっと代替し続けるわけじゃなく、配当が入ってきた分を現物に投資している時期があるようです。この再投資した分を、分配金出す時には売らないといけなくなるって事でしょうか。

2018年だけ特別な動きをされていると困るので、2017年の推移も見てみましたが概ね同様の動きでした。
1330_2

またTOPIX型である1308も見てみましたが概ね同じ。
1308


そんな感じでオペレーションしているみたいですが、今年もBloombergでETF分配金のための換金売りの記事

で、実際7月8日はどんな感じだったかというと、
※あとで訂正されていますが、1308の枚数が967枚ではなく2593枚。合計売り金額は1649億円です。

PCFの情報というのはJPXのサイトから取得できます。
存在は知ってましたけど、マジマジと見たのは今回が初めてです。
1308、1321、1330のETFについて7月5日と7月8日のPCF(日付を7/9に合わせて「ALL PCFs」を押すと7月8日引け時点でのPCFがダウンロードされるので注意。)を比較するとそのETFのアセットである先物と現物株の保有状況の変化がわかります。
※アップが遅れたために、その日のPCFはもう入手不可ですかね...。

アダム・スミス2世さんのデータに現物(8日の終値換算)も付け加えておきましょう。
  • 1321 0億円
  • 1308 460億円
  • 1330 440億円(75バスケット分)
1321と1330は同じ日経225型なんですが、片や先物外すだけで終わって、片や先物以上に現物を売っているという。会社による運用方法の違いなのか、今回だけなのか。来年も見ればわかりますかね。
この先物と現物の金額を足し合わせるとほぼ各ETF分配金の金額と一致しました。ありがとうございました。すっきり。例えば1330の詳細データを見てみると、
1口当り分配金:414円、口数:132689732口、分配金総額:549億円
先物売り110億円、現物売り440億円=550億円
(終値換算なので多少の誤差は許してね。)

記事のアップが遅れたので10日分も見てみましょう。

現物分(10日終値換算)は
  • 1306 415億円
  • 1305 319億円
  • 1320 258億円
1306は先物で1492億円に対しての415億円なので、さっきの1321みたいに完全に先物という訳ではないですが、先物を多めに売ってます。野村さんは社内で移し替えとか出来そうですしね。知らんけど。そう言えば8日も10日も最大の買い手さんが出動されてますな。
余談ですが、1306の方は9日時点でADワークスの新株予約権がアセットに組み入れられてます。1305の方は10日時点で初めて計上してます。(計算結果がおかしくて気づいた。)会社によって違ってくるもんなんですかねー。

上位3つで概算結果から、断トツトップである野村さんが先物を多めに売ったので、Bloombergの予想記事よりは先物が多く売られた感じになったでしょうか。

6月末の東証マザーズ指数解析

6月末に東証マザーズ指数基礎情報が更新されてましたが先週末に作業するの忘れてました。

ふと気づけば、そのJPXのサイトに月末時点での「東証マザーズ指数 浮動株調整後時価総額上位10位銘柄データ」なるもの(月末履歴も)が掲載されるようになりました。過去のブログと時価総額シェアの数字が微妙に異なりますが、少々計算間違い(指数の計算ではなく、時価総額シェアそのものの計算を。)してました。許してくださいw ランキングは大体あってるということで!

手元では月末にアップデート掛けますが、このシリーズ記事はお役御免だなと思い、公式サイトで発表されてる間はお休みします。

5月末の東証マザーズ指数解析

5月末に東証マザーズ指数基礎情報が更新されてましたので定点観測。

・銘柄数:280銘柄 → 284銘柄
3996サインポストが東証1部に市場替え、4月にマザーズに上場した5銘柄が新たに算出対象になりました。

・基準時価総額:2313712650609.98 →2328806960861.4

・指数用株式数が変化した銘柄数
82銘柄。3550スタジオアタオ、4394エクスモーション、4397チームスピリット、9441レアジョブ、7049識学が5月末で株式分割ですね。

・マザーズ指数寄与10傑(5月末時点)
4385    メルカリ 8.23%
4565    SOSEI 5.28%
4592    サンバイオ 4.25%
2121    ミクシィ 4.23%
4563    アンジェス 3.02%
7779    サイバダイン-議 2.39%
4384    ラクスル 2.23%
3994    マネーフォワード 1.68%
2160    GNI 1.57%
6027    弁護士ドットコム 1.51%

4月末からそこまで大きな変化はなかったでしょうか。

3月末の東証マザーズ指数解析


トレード日記ランキング

※ブログ内ではコメント受け付けてませんが、何かあればTwitterの方にリプください。

○5月15日、レバETF乖離縮小

久し振りにポジション組めそうな株式交換が2件発表されて、昨日寄らなかった図書印刷と凸版印刷、ジョリーパスタとゼンショーの組み合わせを寄り前注目してました。ポジション残したレバETFもチラ見しながら。
しかし残念ながら美味しいおこぼれは貰えませんでした。どころか発注をミスって(いや楽天のマケスピⅡが悪い)ジョリーパスタの買いだけ出来て方張りになってしまい板スカスカでヒヤッとなりましたが、その後上がってくれたので同値で返せました。今日一日見てましたがしっかり管理されてる動きでした。相場急変動や片方にニュースが出た場合など、美味しい場面をお待ちしています。

昨日残したレバETFの裁定ポジ。今日はさらにスプレッドを拡大してスタート。なんでやねん。昨日の終わりが大体150-160円、始まりが200円くらいで前場の途中で290円くらいまで行ったと思います。ずっと見てるわけではないので大体。こういうのどこまで行くかわからないので、恐る恐るポジションを少しだけ積み増し。後から見たらもっと組んどけばーってなりますが、本当どこまでいくかわからないので。
しかし幸い、逆日歩が満額の0円。それを契機かスプレッドが縮小の一途。
前場引けで200円くらい?後場もずるずる縮小。昨日みたいに引け前に再度拡大されると困るので、徐々にポジションを外していきました。引けが近づいても昨日のような拡大局面は全く来ず、20円程度まで縮まってくれてやれやれ。
めでたしめでたし。ところがどっこい、IB証券で先物大引で処分(松井に逆ポジがあったからそれとの相殺)しようとしたら、まさかの約定せず。買いポジ残る。NSが予定調和で下から始まる。裁定でコツコツ積み上げた利益が半分ほど吹き飛んでしまいましたとさ。

チャートで今日の様子が分かるかなと思って比べてみたら結構如実でした。下の図は、1570と比較のために1579、先物のデイチャートです。これらの商品は本来、デイの動きは同じにならなければならないはずですが・・・、9時半以降の1570の強さ、打って変わって後場の上昇局面での上値抑えられっぷり(すなわち乖離縮小場面)が凄い。

1570 (NEXT FUNDS)日経平均レバレッジ上場投信
1570

1579 日経平均ブル2倍上場投信
1579

ついでに先物
futures

割高なレバETFを買うと(最終的には)こういう無駄な損を食らう(途中で抜けると見えない恩恵受けれるけど)ので取引所の発表しているiNAVをチェックしながら売買しましょうねと。 http://www.tse.idmanagedsolutions.com/iopv/table?language=jp

QUICKさんの記事に、貸株市場で大手ブローカーが1570を探していて、海外勢が空売りの機会を狙っているみたいなのありましたが、私と同じようなポジション組みたかったんだと思いますよ。今回はたまたまラッキーでしたが逆日歩怖いですからね。ただ売りたいだけなら先物使うでしょ、海外投資家なら。

(株探より)明と暗

昨日、後場寄らずのストップ安張り付きだったアンジェス

新高値:107銘柄
新安値:241銘柄

【触ったやつ】
・1570 日経レバETF
・1579 日経レバETF
・2385 総医研HD
・5232 住友大阪セメント
・6300 アピックヤマダ
・6747 KIホールディングス
・7638 NEW ART HOLDINGS
・9899 ジョリーパスタ
・日経225mini先物
・日経225CFD
・東証マザーズ先物


トレード日記ランキング

※ブログ内ではコメント受け付けてませんが、何かあればTwitterの方にリプください。

4月末の東証マザーズ指数解析

4月末に東証マザーズ指数基礎情報がちゃんと更新されてましたので定点観測。

・銘柄数:271銘柄 → 280銘柄
3665エニグモ、3985テモナが東証1部に市場替え、3月IPOが多くて対象銘柄は増加しました。

・基準時価総額:2284000417620.65 → 2313712650609.98

・指数用株式数が変化した銘柄数
94銘柄。調べながらいつもよりだいぶ多いな、定期見直しの影響かなと思いましたが、先月の76銘柄と比べてそこまで増えてはいませんでした。算出要領見直してみたら、決算期が7月-9月の銘柄が対象なんですね。10月末が多くなるのかな?

・マザーズ指数寄与10傑
4385    メルカリ 9.41%
4592    サンバイオ 5.11%
2121    ミクシィ 4.72%
4565    SOSEI 4.08%
4563    アンジェス 3.79%
7779    サイバダイン-議 3.07%
4384    ラクスル 2.25%
3994    マネーフォワード 2.04%
2160    GNI 1.77%
3993    PKSHA 1.54%
サンバイオが寄与率2位まで戻ってきてますね。

3月末の東証マザーズ指数解析


トレード日記ランキング

※ブログ内ではコメント受け付けてませんが、何かあればTwitterの方にリプください。
記事検索
タグ絞り込み検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ