マネックス証券

(メモ)現使用証券会社の先物・オプション環境見比べ

【先物】
  • 松井証券
取扱商品:ラージ、ミニ、TOPIX先物、ミニTOPIX先物、マザーズ指数先物、JPX400先物、NYダウ先物(JPX上場物)
取引手数料(日経225mini、税抜):通常先物取引1枚40円、一日先物取引1枚25円。
建玉上限(日経225mini):通常先物取引2000枚、一日先物取引3000枚。
一日先物取引という独特なサービス。原則レギュラーセッション終了までだが、決済は松井の任意で行われる(いつ決済されるかわからない)。
  • 楽天証券
取扱商品:ラージ、ミニ、マザーズ指数先物、海外先物(取扱銘柄:https://www.rakuten-sec.co.jp/web/foreign_futures/list.html
取引手数料(日経225miniの場合、税抜):1枚38円
建玉上限(日経225mini):通常先物取引2000枚
  • SBI証券
取扱商品:ラージ、ミニ、TOPIX先物、ミニTOPIX先物、マザーズ指数先物、JPX400先物、NYダウ先物、ほか多数 
取引手数料(日経225miniの場合、税抜):立会1枚40円、J-NET25円
建玉上限(日経225mini):通常先物取引4000枚
  • マネックス証券
取扱商品:ラージ、ミニ、JPX400先物
取引手数料(日経225miniの場合、税抜):1枚50円
建玉上限(日経225mini):通常先物取引2000枚


【オプション】
  • 松井証券
取扱商品:日経225オプション
取引手数料(税抜):0.2%(最低200円)
建玉上限:買建上限1000枚、売建20枚

  • 楽天証券
取扱商品:日経225オプション(Weekly含む)
取引手数料(税抜):0.18%(最低180円)
建玉上限:買建上限なし、売建15枚
  • SBI証券
取扱商品:日経225オプション(Weekly含む)、TOPIXオプション、JPX400オプション
取引手数料(税抜):0.2%(最低200円)
建玉上限:買建上限なし、売建50枚(日経225オプションの場合)
「先物・オプション取引の建玉上限枚数は、別途、ご申請をいただくことにより個別審査を実施させていただきます」←cisさんとかはこれで上限枚数増やしてもらってるんですかね。
  • マネックス証券
取扱商品:日経225オプション(Weekly含む)
取引手数料:0.18%(最低180円)
建玉上限(税抜):買建上限なし、売建10枚

先物感想】
取扱商品に関して、SBIは頑張ってますね。国内証券はJPX上場の商品に関してちゃんと扱って欲しいんですがね。市場を盛り上げるためにも。SBIでもVI先物とかはないですね。楽天の海外先物は面白い商品あるんで触りたいです。ちなみに元弊社ディーリングは取扱商品はラージ、ミニ、TOPIX先物だけだったんで下の部類ですね。
取引手数料では、そこまで競争してる雰囲気はないですね。強いて言えば松井の一日先物取引。でも一文(1Tick、5円)抜いても十分な割合で儲かるなと。ちなみにディーラー時代はこれより手数料安かったです。ボリュームディスカウントとかも働かないんですね。そこまで力が入ってないんでしょうね。
建玉上限に関して、なんでこんなのあるんですかね?(以上)証拠金が何だか理解してないんじゃないですかね。

【オプション感想】
取扱商品に関して、SBIさん優秀。
取引手数料、横並び。
建玉上限に関しては苦笑せざるを得ない。もう一度言いますが、証拠金って何ですか? +α、先物との建玉制限と整合取れてませんよ。確かにディープITM(イン・ザ・マネー)のオプションは流動性リスクが先物に比べてかなり高いけど、プットコールパリティー使ってある程度抑えれますよね。本当にお話にならないレベル。

2月8日、やられスタート

朝からニチダイの下げに付き合って、軽く入ったつもりが大やられスタート。
ディーラーの時には新規と返済という区別なく売買できていたので、切り替えるのを忘れて勝手に両建てになってしまってますが、慣れですかね。面倒だな。
取引は午前中だけにして、監視ツール(エクセル)作ったり、ヨドバシカメラにキーボード見に行ってたりしました。
マネックスの口座開設出来ました。

【触った株】
・3791 IGポート
・6467 ニチダイ
・7974 任天堂
・8927 明豊エンタープライズ



トレード日記ランキング

(メモ)現使用証券会社の個別株取引手数料見比べ

少額で取引し始めたものの、まだ取引手数料とかよくわかってないままだったので自分用メモ。
  • 松井証券
ボックスレートという名の1日の総約定代金ベース手数料のみ
松井2

制度信用・無期限信用でやる場合は、別途金利
松井3

一日信用取引の場合
松井PNG
金利の判定は1約定ベースか。

  • 楽天証券
現物取引の場合
超割コースという名の1約定ベースの手数料
楽天1

信用取引の場合
楽天2

自分の所が一番安いんだって比較表作っちゃってますね。
https://www.rakuten-sec.co.jp/web/domestic/special/asset_building.html#asset_section01
大口優遇は関係ない子ですね。

いちにち定額コース(現物+信用)という名の1日の総約定代金ベース手数料。
調べるまでは、どんなに約定させても手数料一律なのかと思ってましたよ。
楽天3

いちにち信用」も用意されていて、取引にかかる取引手数料は0円
5

信用手数料に関しては別途金利
楽天4

楽天の信用取引にはその他にも優待取り狙うために一般信用取引「短期」なんてのも...。

  • SBI証券
やっぱりスタンダードプランという名の1約定ベース手数料、アクティブプランという名の1日の総約定代金ベース手数料

現物取引の場合
SBI

信用取引の場合
SBI2
金利などはこちら https://www.sbisec.co.jp/ETGate/WPLETmgR001Control?OutSide=on&getFlg=on&burl=search_domestic&cat1=domestic&cat2=margin&dir=margin&file=domestic_margin_02.html#11
(段々画像貼り付けるのが面倒になってきた)

  • マネックス証券
現物取引の1約定ベースコース
monex1
学生の時にマネックス使ってて、成行と指値で手数料が違うってのを経験したんですが、
まさか今でもそれが残って板とは驚き...。しかもPCとスマホアプリで手数料が違うとか...。

信用取引はその区別ないんかーい。理解不能。
monex2

1日の約定代金ベースは
monex3
というよりは
こういう考え方らしい ↓
monex4

信用取引の金利等は省略。

  • まとめ
私が大学生時代には1約定ベースの手数料体系しかなかったと思うが、
証券会社でディーラーやってる間に、個人のデイトレーダーを取り込むために、
各社、1日の総約定ベースの手数料体系を設けたようで。松井なんかはそっちにシフトしてるし。
かと言って、デイトレーダーにとってそっちが安いかというと、
1約定ベースの手数料で上限がある場合は、中口・大口さんなんかは1約定ベースでやった方がいいってなるってのはわかった。
デイトレをどこの証券会社で、スイングをどこの会社でみたいなのが固まったら、またご報告。

※2018年2月6日現在の手数料


トレード日記ランキング

Twitterもやってます
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ