配当再投資

●3月27日、ミスミス

相場が慌ただしくて3月なのに全然優待クロスしてませんでしたが、最終日にだけ本気を出すことにしました。
引けてから銘柄選択。当然一般信用はほとんど余っておらず、SMBC日興で取れるものだけ取って、後は制度で挑むことに。逆日歩1日だし最高倍率適用されても損しないような銘柄で。
お酒飲みながらTV見ながらだったので作業効率はかなり悪いです。4時前就寝。朝早く起きて続きやろうと思いましたが、そうは問屋が卸さずそれでも8時から作業再開。寄り前まで。
余力確認のためにさっさと現引き作業に移った時にはたと気づく。
いやー、血の気引きました。酒飲んでたからでも遅くに作業してたからでもなく、マケスピⅡの仕様のせいです。間違いない。薄利多売で儲けようとしてるのに一発アウトになる所でした。

一方、相場はというと

なかなかの数字ですが、発表後下がるどころか上げてましたね。どこまで織り込んでるんだか。確かに失業率30%の恐れとか聞いたときほどは驚きませんでした。


寄り前、優待クロス作業しながらこの時期恒例のNTショートをするか悩んでました。この大荒れ相場でNT急縮小からの急激な切り返し、からまた縮小と大きく動いてます。とりあえずちょっと入ろうと先物の寄り直後にイン。
いやー、いつもなら1日かけて動いてもまあまあ動いたなってなるレベルをサクサク動かれて、逆に行かれた時にナンピンどころか我慢も出来ないなと思って早々に脱退。それからちょっと拡大してからまた損益分岐点に戻ってましたが仕方ない。くそーー。今日の負けがこれで確定されました。優待クロスで想定される利益の大半ぶっ飛ばしました。それはそれ、これはこれと切り分けて考えないといけないのはわかってますが、同じお金ですからねw
NT
(SBI証券のサイトより)
現物だけのNT見てると寄り天ぽくって我慢できそうなチャートだけど先物ベースだと13.30から始まってます。

寝不足のせいじゃないと思いますが、なんかミスが多い一日でした。細田工務店のは昨日のミスだし。

現物引けに合わせてNTショート再びしようか悩みましたがやめときました。裸買いも考えましたが躊躇。
現物に大きな引け買い入りました。これも配当再投資の影響なんでしょうか。日経平均も19176.30→19389.43にジャンプして引け。なんじゃこりゃ。

うーん、まだまだ落ち着きませんね。

新型コロナの影響で株主総会が期日までに開催されないリスクがーーとJPXの方から警告がありましたが、ツイッターでフォローしている弁護士の川井先生が「無観客試合」ならぬ「無株主総会」の可能性について試論を述べられてます。

以上のとおり、会社法上の解釈論としても、株主に出席をさせない形でリアルの(および、バーチャル型の)総会を開く、ということは、今回のコロナウイルス対応に限っては、許されない訳ではないと考えているのですが、如何でしょうか。
どういう形は取るかはともかく、3ヶ月もあれば何かしらの対策取って日程通りに開催されるだろうと思って今回優待取りしたのでそこの所よろしく!

【触ったやつ】
・1887 日本国土開発
・4217 日立化成
・6274 ヤマハモーターロボティクスHD
・日経225mini先物
・日経225先物
・TOPIX先物

【今日の出来事】
(株探より)
一蔵---急落、ウイルス感染防止に向けた自粛の影響で業績・配当予想を下方修正

新高値:44銘柄
新安値:17銘柄


トレード日記ランキング

※ブログ内ではコメント受け付けてませんが、何かあればTwitterの方にリプください。

ETF分配金捻出売り

※9日にほぼほぼ書き終えて10日の場中にアップする予定でしたが、ゲームやら飲み会やらで忙しくて、季節外れの記事になってしまいましたが、データ見てて面白かったのと備忘録も兼ねてアップしました。

近年、騒がれるようになってきたETFの分配金捻出売り。

普段読ませてもらってる九条さんの2017年の該当記事(分配原資捻出のため3,000億円売却?|九条清隆 相場観と金融工学)を覗いてみると、追記部分に
配当権利発生
配当未収金計上
未収金分を先物ヘッジ
配当金受領未収金回収+先物ヘッジハズし
分配金支払い
この引用の上3つの行動が特に3末、9末に騒がれる「配当の再投資」ってやつです。現物が配当金分見かけの資産が減るので、指数との連動性を保つために先物を運用資産に組み入れるやつ。
で、下2つが「分配金の捻出売り」の行動。ただ九条さんはETFの商品性を誤解しているため、先物のヘッジ外しのみで現物は売られないと(少なくともこの時点では)思っているようです。そう思ってた時代が私にもありました。しかし実際にデータを見ると現物もしっかり売られてました。それについては後述します。

とりあえず、先物の組み入れ具合がポイントポイントでどうなってるかを見てみましょう。日興アセットマネジメントはETFの詳細な日次データを公開してくれていて例えば、1330 - 上場インデックスファンド225 (愛称:上場225)の日次データ(そんな愛称あったのか)が取得できます。このデータを用いて2018年の先物組入率の推移をグラフ化してみました。1330は先物と現物株の組み入れのみなので株式組入率はこの反対の動きをします。
1330

3末(3月28日)、9末(9月26日)に急上昇してます。これがいわゆる配当の再投資って言われるやつです。
で、7月頭(7月6日)の急落。これが分配金の捻出売り(実際には不要になった先物ポジションを外してる。)
その他、6月27日、8月29日、12月26日にも軽い上昇が見られます。これも配当再投資と見ていいでしょうか。逆に2月にそれが見られないのはなぜでしょうか。10月30日もちょっと上げてますがこれも???
5月末、11月末からの下げは各企業から配当金を受け取り、それを再投資(現物買い先物売り)している影響ですかね?12月の下げ方はまあまあえぐいですね。分配が近い6月と違って、12月は配当金に応じて先物売りの現物買いをするからでしょうか?とりあえず、先物でずっと代替し続けるわけじゃなく、配当が入ってきた分を現物に投資している時期があるようです。この再投資した分を、分配金出す時には売らないといけなくなるって事でしょうか。

2018年だけ特別な動きをされていると困るので、2017年の推移も見てみましたが概ね同様の動きでした。
1330_2

またTOPIX型である1308も見てみましたが概ね同じ。
1308


そんな感じでオペレーションしているみたいですが、今年もBloombergでETF分配金のための換金売りの記事

で、実際7月8日はどんな感じだったかというと、
※あとで訂正されていますが、1308の枚数が967枚ではなく2593枚。合計売り金額は1649億円です。

PCFの情報というのはJPXのサイトから取得できます。
存在は知ってましたけど、マジマジと見たのは今回が初めてです。
1308、1321、1330のETFについて7月5日と7月8日のPCF(日付を7/9に合わせて「ALL PCFs」を押すと7月8日引け時点でのPCFがダウンロードされるので注意。)を比較するとそのETFのアセットである先物と現物株の保有状況の変化がわかります。
※アップが遅れたために、その日のPCFはもう入手不可ですかね...。

アダム・スミス2世さんのデータに現物(8日の終値換算)も付け加えておきましょう。
  • 1321 0億円
  • 1308 460億円
  • 1330 440億円(75バスケット分)
1321と1330は同じ日経225型なんですが、片や先物外すだけで終わって、片や先物以上に現物を売っているという。会社による運用方法の違いなのか、今回だけなのか。来年も見ればわかりますかね。
この先物と現物の金額を足し合わせるとほぼ各ETF分配金の金額と一致しました。ありがとうございました。すっきり。例えば1330の詳細データを見てみると、
1口当り分配金:414円、口数:132689732口、分配金総額:549億円
先物売り110億円、現物売り440億円=550億円
(終値換算なので多少の誤差は許してね。)

記事のアップが遅れたので10日分も見てみましょう。

現物分(10日終値換算)は
  • 1306 415億円
  • 1305 319億円
  • 1320 258億円
1306は先物で1492億円に対しての415億円なので、さっきの1321みたいに完全に先物という訳ではないですが、先物を多めに売ってます。野村さんは社内で移し替えとか出来そうですしね。知らんけど。そう言えば8日も10日も最大の買い手さんが出動されてますな。
余談ですが、1306の方は9日時点でADワークスの新株予約権がアセットに組み入れられてます。1305の方は10日時点で初めて計上してます。(計算結果がおかしくて気づいた。)会社によって違ってくるもんなんですかねー。

上位3つで概算結果から、断トツトップである野村さんが先物を多めに売ったので、Bloombergの予想記事よりは先物が多く売られた感じになったでしょうか。

○3月26日、権利付き最終売買日

実はNTショートをオムロンの組み入れの時からポジってまして、今日解消しました。13.41→13.27な感じですかね。
もう少し下ありましたが、その後切り返したことを考えても、まあまあいい所で外せたんじゃないでしょうか。
IB証券の簡易なトレードログだと7日間しか見れないんでポジ取った時の価格が分からず、面倒なのでちゃんと収支計算してません。口座のお金増え方見てこれくらいかなと。
配当再投資ありがたやですが、もっと組んどかないといけなかったのが反省点。最初にどかっと組んで逆行かれたらしんどいかなと思って徐々に積んでいく予定だったんですが、最初に組んでからはヨコヨコからのじわ下げだったので売り増しするタイミングが分からず。残念。

今日が最終売買日のパイオニアのポジションが溜まってましたが、少しを残してPTSで処分処分。もっと66円買ってくれるかと思ってましたが、そうは甘くなかったです。と場中に書いていたら最後の最後で66円買いに来てポジションなくなりましたw
tick

優待クロスも回せる枠ギリギリまでつかって組みました。昨年に比べて銘柄倍増、利回りアップできたと思います。ゼンショーとか王将とかスシローとか取ってる余裕なかったですw

TOBが予定されているアピックヤマダが、TOB銘柄にたまに見られる暴騰やってましたね。これ何なんですかね。廣済堂のケースとは違うと思うんですが。
6300


(株探より)
・5019 出光興産
・6300 アピックヤマダ
・6773 パイオニア
・8703 カブドットコム証券
・ミニTOPIX先物
・日経225mini先物
・優待クロスたくさん


トレード日記ランキング

※ブログ内ではコメント受け付けてませんが、何かあればTwitterの方にリプください。

○9月25日、権利付き最終日

3月、9月の権利付き最終日と言えばインデックスファンドやETFの配当再投資ですよね。
MSQの高値から徐々に縮小する動きを見せていた最近のNT倍率。これが先回りの動きなのか、個別株の結果なのかよくわからなくて、寄りから突っ込んで売ることができませんでした。結果、場中も順調に縮小する動きでしたね...。深読みせずに単純に売ればよかったんですね...。

優待取りはおいしい所はあまり取れず、優待利回りの低いやつで我慢せざるを得ませんでした。ANAとかずっと見てましたが一般信用なくなっちゃうんですね。3月はあまり苦労せず取れた気がしたんですが。制度信用でもいいかなと思いましたが、まだまだ経験浅いんで躊躇しました。場中、誰かキャンセルしないかなと無駄に監視してました。ここら辺の監視を自動化したいですね。
一応、こんなサイトがあって便利ですが、もう少し自分用にカスタマイズしたい所。一般信用売り在庫数一覧

10月1日付でミライトHDが株式交換によってTTKを完全子会社となり、TTKは上場廃止となるため、TTKの最終売買日が今日。ちょっと鞘が残ってたけど、これは手数料とか配当とかそういう影響かとあまり深く考えず、流れを経験したくてお試しで参加してみました。

立会外分売で初めて儲かりました。イー・ギャランティ。儲かるやつも当たるんですね。

台風以来、ショートしてたドンキホーテを傷の浅いうちに泣いときました。ポジション取った当初は順調に下げてくれたんですが、どうもそこまで減ってないとか聞いたので。天神橋筋商店街はまだ完全には外国人観光客は戻ってきてないですね。

【触ったやつ】
・1417 ミライトHD
・1935 TTK
・5401 新日鉄
・5413 日新製鋼
・7532 ドンキホーテHD
・7974 任天堂
・8771 イー・ギャランティ


トレード日記ランキング

※ブログ内ではコメント受け付けてませんが、何かあればTwitterの方にリプください。
記事検索
タグ絞り込み検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ